HOME>

薪の選び方

樫(カシ)

薪の王様とも言われ、特に火持ちが良く、火力が強い木です。北欧では高級家具、建具の材料に使われています。乾燥すると、チェンソーの刃が欠けるほど硬くなります
……切ったばかりの生木は、水の中に入れると沈みます。

 

欅(ケヤキ)

目が細かく、着火性・火持ちが良い木です。日本では、高級建築材、家具、建具の材料として余りにも有名です。……薪を割る側としては骨の折れる木です。

 

楢(ナラ)

火持ちがよく、上質な薪として使われています。日本で使用されている薪の中では、一番ポピュラーな木です。北欧では、高級家具、建具の材料として使われています。……樫と共にどんぐりがなる木です。

 

雑木MIX(広葉樹MIX)

いろいろな広葉樹が入っています。楢よりも火力の強い木も入っていますので、オススメです。

○桜…
燻製用のチップとして使用されるほど、燃やしたときの香りがとても良い木です
薪としても火持ちが良く、申し分ありません。テーブル、建築材にも使われています。

○シイ樫…
皮が付いた状態では樫と見分けが付きにくいのですが、比重が小さく、樫と比べると火持ちが劣ります。

○ホウの木…
まな板、版画の版木として使われるほど、材質がやわらかい木です。薪としては、着火性は良いのですが火持ちがあまり良くありません。

○リョウブ…
大木にはならない木で、一般的には知られていませんが、目が細かく薪には最適です。

○楓…
別名『もみじ』とも呼ばれる木で、目が細かく、火持ちが良い木です 。